私たちJLCAは、ベスト・ファーザー賞 in 関西、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ
ホーム > ベスト・プロデュース賞 > 過去の受賞者 > 2018年度 第6回ベスト・プロデュース賞 > 株式会社 石井幹子デザイン事務所 照明デザイナー 石井幹子

2018年度 第6回ベスト・プロデュース賞 受賞者

石井幹子 株式会社 石井幹子デザイン事務所 照明デザイナー

東京レインボーブリッジ ミレニアムライトアップ

【選考理由】
照明デザインの第一人者として、その道を切り開き、都市照明の重要性を広め、照明をアートにまで昇華させるなど、日本が誇る、世界的な照明デザイナーとして、世界中の人々を魅了してきた功績を讃えての授賞となりました。
【プロジェクトの概要】
 私共は創設以来、都市をはじめ、建築や店舗、光のパフォーマンスまで、あらゆる光を対象にプロデュースとデザインを行ってまいりました。
 これまで日本は24時間の内、昼間のみが活動の対象でしたが、光によって、夜という貴重な時間を開拓し、可能性を広げ、多くの方々に役立てるよう心がけております。

【受賞した感想】
 光の創造について関心を持っていただく機会を与えていただき、心より御礼申し上げます。
 今回のベスト・プロデュース賞の受賞は、私1人の力だけでなく、美しい明かりの可能性に御賛同いただいた皆様、ならびに所員や協力者の尽力の結果だと思っております。
 私共の仕事は、光を灯すまでに大変な時間を要しますが、灯した後も光を持続させるために、大勢の人が関わっており、その方々全員で受賞した賞だと感激しております。光はまだまだ未知の分野ですので、今後一層の拡大と充実に向けて、努力してまいります。

【今後の活動などについて】
日本では、照明デザインに対しての認知度がまだ低いのが現状です。よって、あらゆる機会をとらえて、心に響く、美しい明かりを創造し続けていきたいと思っております。
また、東京オリンピック2020を目の前に、東京の夜景を美しく整備して、その後は大阪万博誘致に期待しております。その折には、新しい光を紹介する機会をいただければ幸いです。

【プロデュースとは】
 限られた予算と時間の中で、精一杯、美しいものを作っていくことがプロデュースだと考えております。その作品を御覧になった方々に、より大きな感動と、より豊かな時間を提供してまいりたいと思っております。


【代表作品】

東京タワー

ジャポニスム2018
特別ライトアップ
エッフェル塔日本の光を纏う

東京タワー
(ダイヤモンドヴェール)

ブダペスト・エリザベート橋

大阪市中央公会堂

歌舞伎座

白川郷合掌集落