私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2013年度 第1回ベスト・プロデュース賞 受賞者

 食の部門


岩田 弘三氏(いわた こうぞう)
(株式会社ロック・フィールド 代表取締役社長)

【お生まれ(ご年齢)】
 1940年(73歳)

【ご出身】
 兵庫県

【選考理由】
「サラダ」というツールを通して、デリカテッセンという新しい食文化を日本中に広め、総菜の更なる可能性を追求し、新しい食の価値創造に務めている。

【ご自身の経歴】
1972年、㈱ロック・フィールドを設立と同時に社長就任。
RF1ブランドを中心に約350の総菜店を全国に展開。

【受賞のご感想】
栄えある第一回「ベスト・プロデューサー賞」に選んでいただいた事を光栄に思います。
受賞にあたり、今日まで会社を支持してくださったお客様、取引先様、そしてロック・フィールドで
働く社員やパートナーに感謝しています。

41年前、会社を興したのは「デリカテッセン」という新しい食文化を日本に広めたいとの
思いからでした。
外食の勉強のために訪れた欧米各国で、その国固有の食文化に基づいた「デリカテッセン」が
当たり前のように生活に溶け込む豊かな暮らしを目の当たりにし、膝がガクガクするほどの衝撃を
うけたことを、昨日のように思い出します。

その当時から「食文化が日本を決める」との思いで、常にその時代の求める「豊かな食の価値」を提案
し、「総菜市場」」という新しいマーケットを切り拓いてきました。
特に「サラダ」というツールを通して、新しい日本の食文化を発信してきたと考えています。

【今後の活動など】
今後、総菜の役割や可能性は益々拡がっていきます。「今晩のおかず」だけではなく、
翌日や週末に食べられる総菜も求められていきます。
また、日頃御世話になっている人へのパーソナルギフトとして買っていかれる方も増えるでしょう。
少子高齢化の中で、「食育」「食楽」の視点も求められます。
私たちが提案する総菜・サラダが置かれた食卓と、それを囲む人々のコミュニケーションに向けて、
これからも新しい総菜の可能性を追求していきます。
そして、日本の伝統的な食の知恵を見直し、健康、安心・安全を第一に、これまでにないサラダで
豊かな未来を作っていきたいと思います。