私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2013年度 第1回ベスト・プロデュース賞 受賞者

 住の部門


樋口 武男氏(ひぐち たけお)
(大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長兼CEO)

【お生まれ(ご年齢)】
 1938年(75歳)

【ご出身】
 兵庫県


【選考理由】
社会との「共創共生」を基本姿勢に、コア事業である住宅事業のみならず、社会の
変化に対応すべく、福祉分野や環境分野などにおいて、様々な新規事業を展開し、
生活文化の向上に貢献している。

【ご自身の経歴】
昭和36年関西学院大学卒業、38年大和ハウス工業入社。
取締役・常務取締役・専務取締役を歴任。
平成 5年グループ会社・大和団地の社長就任
平成13年大和ハウスと大和団地の合併に伴い、
代表取締役社長として復帰。
平成16年代表取締役会長就任(現)
常に「凡事徹底」を旨とし、様々な抜本的構造改革を図るなど、積極果敢な経営を展開し、
業界ナンバーワンの地位を不動のものとした。

【受賞のご感想】
このたび新たに創設された「ベスト・プロデュース賞」の第1回の受賞者の一人に選ばれ、
大変な名誉であり、また誠に光栄であり嬉しく思っています。
この栄えある受賞の喜びを役職員一同と分かち合い、今後の一層の励みにしてまいります。
誠に光栄に存じます。

【今後の活動など】
・今回の受賞は、当社のコア事業である住宅事業のみならず、様々な事業展開を通じて
社会に貢献したことが、評価されたものと考えております。
・今後も「企業は社会の公器」という認識の下、世の中の役に立ち、人々に喜ばれる商品・事業の開発
 を目指し、
 ア(安全・安心)
 ス(スピード)
 フ(福祉)
 カ(環境)
 ケ(健康)
 ツ(通信)
 ノ(農業)
をキーワードとした新規事業の展開を通じて、サスティナブルな総合生活産業として、
既存事業共々生活文化の向上」に貢献してまいります。