JLCAは地域に密着したベスト・プラウド・ファーザー in 関西と全国規模で展開するin「プロ野球部門」を通して、父の日の啓蒙活動を推進しています。

トップイメージ
ホーム >2014年度 第2回ベスト・プロデユース賞 受賞者

2014年度 第2回ベスト・プロデユース賞 受賞者


ななつ星 in 九州プロジェクト(九州旅客鉄道株式会社)


【選考理由】
地域に密着しつつ、九州の魅力を存分に感じ取れる、細部まで拘り抜いた“列車の旅”の形をプロデュースすることで、 地域活性に大きく貢献し、さらにそのスタイル自体が全国へと派生することで、日本の観光の新たなスタイルを創り上げた功績を讃え推挙。






【プロジェクトの概要】
九州の7県(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)を巡り、7つの観光素材(自然・食・温泉・歴史文化・パワースポット・人情・列車)にめぐり逢う新たな鉄道の旅に挑戦した結果、日本版オリエント急行とも呼べる豪華列車「ななつ星in 九州」は日本初の「クルーズトレイン」として2013年10月に運行を開始しました。
日本、そして九州の伝統工芸(有田焼、大川組子等)を散りばめ、木をふんだんに使用した「懐かしくて新しい」車両には、携わった匠の皆さまの強い想いが込められています。
九州の素材、物語にこだわった食、訪れる観光地、沿線の方々のあたたかい笑顔、そして3泊4日、1泊2日の旅に寄り添うクルーのおもてなしに乗車されたお客さまは例外なく感動の声をくださいます。
「九州を世界へ発信する」ために、「世界一の列車」「日本の鉄道の旅に革命を起こす列車」に挑んだプロジェクトです。

 
【受賞した感想】
「ななつ星」という列車をとおして、九州の魅力を発信するという点を評価いただいての受賞ということをとてもうれしく、誇らしく感じております。
「ななつ星」は単なる豪華列車ではなく、九州の食、景色、そしてなにより沿線で手を振ってくださる皆さまの笑顔という人情に溢れた、九州を体現する列車です。
これからも「九州を世界へ発信する」という使命をもった列車として、多くの方に「新たな人生にめぐり逢う、旅。」をお届けしていきたいと思っております。
 
【今後の活動などについて】
運行開始よりお客さまにお喜びいただいております「おもてなし」を、地域の皆さまと一緒になってさらに磨くとともに、本来の目的である「九州を世界へ発信していく」ため、海外の旅行会社との販売契約や、海外における紹介イベント等も積極的に行っていきたいと考えています。
また、リピーターの方も徐々に増えていますので、コースや食事等について2回目、3回目のご乗車のお客さまにも常に新たな感動があるような仕掛けづくりをしていきます。
 
【当プロジェクトにとって“プロデュース”とは】
「ななつ星」プロジェクトが「プロデュース」するのは、「九州」という地域そのものだと考えています。
もともと九州のもつすばらしい素材である「自然」「食」「歴史文化」「人情」といったものを、「ななつ星」という列車の旅をとおして体感することで、これまでにない感動を呼び起こすこと、またその感動をお客さまだけでなく、沿線の地域の皆さまも共有する場を提供することが、我々のプロジェクトの「プロデュース」なのだと思っています。