JLCAは地域に密着したベスト・プラウド・ファーザー in 関西と全国規模で展開するin「プロ野球部門」を通して、父の日の啓蒙活動を推進しています。

トップイメージ
ホーム > ベスト・プラウド・ファーザー賞 > ベスト・プロデュース賞

2013年度 第1回ベスト・プロデュース賞


2013年度 第1回ベスト・プロデュース賞 授賞式
第1回ベスト・プロデュース賞授賞式を10月16日(水)に 帝国ホテル大阪で開催しました。

2013年度 第1回ベスト・プロデュース賞 受賞者
 【「伝統」の部 】
 千 玄室氏 (裏千家 大宗匠)

 「一碗からピースフルネス」の理念を提唱し、国内外を問わず世界中の人々に、茶道文化の
 浸透・発展と世界平和の実現に向けた活動を行っている。


【「住」の 部 】
 樋口 武男氏 (大和ハウス工業 株式会社 代表取締役会長 兼 CEO)

 社会との「共創共生」を基本姿勢に、コア事業である住宅事業のみならず、社会の変化に
 対応すべく、福祉分野や環境分野などにおいて、様々な新規事業を展開し、生活文化の向上
 に貢献している。


【「食」の 部 】
 岩田 弘三氏 (株式会社ロック・フィールド 代表取締役社長)

 「サラダ」というツールを通して、デリカテッセンという新しい食文化を日本中に広め、
 総菜の更なる可能性を追求し、新しい食の価値創造に務めている。



【「空間」の部 】
 星野 佳路氏 (株式会社 星野リゾート 代表取締役社長)

 従来の旅館経営のあり方を変えて、リゾートの原点を見事に再生。
 新しい視点、お客様からの視点での「おもてなし」「サービス」を提案、本当の癒しを
 探求している。