私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2016年度 第10回 ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西

ものづくり部門
1.パーソナルプロフィール
【ご氏名】
 小瀬 昉 さん (おぜ あきら)
【お生まれ(ご年齢)】
 1947年3月17日 (69歳)
【ご出身地】
 京都府京都市
【ご職業】
 ハウス食品グループ本社株式会社 会長
【ご家族構成】
 妻、長男、二男
2.ご自身のご経歴
1947年、京都府京都市生まれ。同志社大学商学部卒。
1969年 ハウス食品に入社。主にマーケティング部門。
2002年 代表取締役社長に就任。
現在は ハウス食品グループ本社株式会社 会長


3.今回ご受賞された感想をお聞かせください。
【ご自身】
光栄です。
50歳位までは会社中心のベストファーザーには遠い存在。
急いでバランス修正してきました。間に合ったようですね。
ベストファーザーを目指し、より交わりを深めます。

【ご家族】
(奥様)父親としてですか? 主人としてですか?(笑い)
    良かったですね。
(ご子息)離れて暮らしていても、頼りになる心優しい父親です。
     感謝しています。
     健康に気を付けて、いつまでも夫婦で長生きしてください。


4.父親として意識してきた点
【お子さまへ】
・「厳しさ」と「優しさ」のバランスがとれた父親
 結果、優しさの方にウエイトが。
・タイガースファンに洗脳
 幼い頃からTVの前で息子2人を両膝にのせ、メガフォン叩いて「かっとばせ掛布!」

【奥様へ】
・子育て期間は仕事中心。帰宅も遅く妻に全面負担。
 心から「ありがとう」そして「ゴメン」
・意識したのは、夜遅くなっても、その日の出来事を30分以上は話し合っていた。
 数少ない休みは、ファミリーで外出を。


5.理想とする父親像はどんなスタイルでしょうか?
・私が大学4年の時、父親を亡くす。
 同じ社会人としての時間が過ごせなかったのが残念。
・息子2人も社会人に。
 3ヶ月に1回位、会社の帰りに合流して「おい」「おやじ」と呼び合いながら酒を飲む。
 息子達の話を聞きながら、ポツリポツリと話す「おやじ」


6.今後どういった父親で在りたいと思いますか?
・「食卓」はファミリーの交わりの場。コミュニケーションと笑顔の交わる場。
・カレーは家庭の数だけ我が家の味がある。多くがお母さんの味。
 ファミリーが集まる時の食卓に、オリジナル「おやじカレー」(ベースはハウスカレー)を出したい。
 仕事柄多少自信あり。評判が良ければ、家内と愛読誌「dancyu」に教わりながら、レパートリーを広げ
 振舞いたい。