私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2016年度 第10回 ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西

芸能部門
1.パーソナルプロフィール
【ご氏名】
 中川家(中川 剛さん、中川 礼二さん)
なかがわけ (なかがわ つよし、なかがわ れいじ)
【お生まれ(ご年齢)】
 剛さん:1970年 12月 04日 (45歳)
 礼二さん:1972年 01月 19日(44歳)
【ご出身地】
 大阪府 守口市
【ご職業】
 芸人
【ご家族構成】
 剛さん:妻、長男、二男、  礼二さん:妻、長女
2.ご自身のご経歴
兄・中川剛さん、弟・中川礼二さん。
二人とも大阪府守口市生まれ。
1995年 「上方漫才大賞」(第30回)新人賞
1996年 「ABCお笑い新人グランプリ」(第17回)最優秀新人賞
2001年 「M-1グランプリ2001」(第1回)優勝
2001年 「上方お笑い大賞」(第30回)最優秀技能賞
2002年 「ゴールデンアロー賞」(第40回)芸能賞
2010年 「第45回上方漫才大賞」(第45回)
安易なギャグにはしらず、「大阪のオジちゃん、オバちゃんの会話」など、独特な観察眼に裏打ちされた漫才はレベルが高い。
礼二さんの電車の車掌や、運転士のものまねにもファンが多い。このほか、テレビや映画への出演多数。


3.今回ご受賞された感想をお聞かせください。
【剛さん】
縁遠いもんやと思っていましたからね、「ドッキリ」やないかと思いました。
ありがとうございます。

【礼二さん】
ネタやないのですか。嫁は「そんなにウケるか」というくらい笑っていました。
光栄に思います。


4.父親として意識してきた点
【剛さん】
興味を持ったものは、とことんやれと言いますね。
『とりあえず』ではなく、『自分の好きなこと』をやってほしい。そうでないと、絶対に後悔する。

【礼二さん】
女の子ですから、いつ父親から離れるかもしれない。家帰って、ちょっとくらい遊ぶ時間を作ろうと、仕事もあまり泊まりを入れません。


5.理想とする父親像はどんなスタイルでしょうか?
いま思うと、親父は(僕らを)ずっと泳がしていた。子供が何かしても、放っておかないとダメなんですよね。自分たちは、それが今、仕事になってますから。

6.今後どういった父親で在りたいと思いますか?
自分の子どもたちが、親になったとき、「振り返れば、いろいろな事を学んだ。ありがたかったな」と思ってもらえる父親になることが、目標です。