私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2016年度 第10回 ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西

学術・文化部門
1.パーソナルプロフィール
【ご氏名】
 七世 竹本 住太夫さん (たけもと すみたゆう)
【お生まれ(ご年齢)】
 1924年 10月 28日 (91歳)
【ご出身地】
 大阪市
【ご職業】
 人形浄瑠璃文楽 太夫
【ご家族構成】
 妻、長女、二女
2.ご自身のご経歴
1924年 大阪市生まれ
1944年 日本大学大阪専門学校(現近畿大)卒業
1946年 二世 豊竹古靭太夫に入門
1960年 九世 竹本文字太夫、1985年に七世 竹本住太夫を襲名
1989年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
2002年 日本芸術院会員に任命される
2005年 文化功労者として顕彰される
2014年 文化勲章を受章
2008年 フランス芸術文化勲章コマンドゥールを受章


3.今回ご受賞された感想をお聞かせください。
【ご自身】
思いもよらぬ授賞にて感動致しました。
今後も情愛のある人間として、余生を送りたいと思います。


4.父親として意識してきた点
【お子様へ】
若い時分は、芸道修行や舞台公演に追われ、経済的にも精神的にも苦労し、子どもたちの面倒も女房に任せていましたが、余裕が出来てからは、家の事も、子どもの事も、孫の面倒も見て可愛がり、何とか父親・祖父らしい円満な暮らしをしております。
女房、子どもも小生の芸に對し理解をしてくれて、有難く思っております。

【奥様へ】
結婚以来68年よくぞ辛抱して、ついて来てくれた事を嬉しく思っております。来世もこの女房と一緒に歩みたいと思っております。
今更ながら、喜びと感謝の心でおります。


5.理想とする父親像はどんなスタイルでしょうか?
父としての理想は、日々の生活に、厳しさの中に暖かみのある情のある父親と思います。

6.今後どういった父親で在りたいと思いますか?
健康に留意し、喜びと感謝と敬いの心を以て、円満な家庭生活を送りたいと願っております。