私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2014年度 第8回 ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西

特別部門
1.パーソナルプロフィール
【発足年月日】2010年8月8日

2.プロジェクトの概要
試行錯誤しながらパパとママは毎日子育てに挑んでいます。
そんな、子育てに奮闘しているパパやママたちを応援し、 パパ芸人を中心に「子育ては楽しい!」を提案していくプロジェクト。それが『 パパパーク』 です。
3.様々な活動の中でどういうきっかけで始められたのでしょうか?
1社内でパパ芸人が増え始め、パパ芸人が子供を持つ親としてこんな活動をしたいという話や、奥さんや子供からこんなことをしてほしいなどの様々なアイデアや要望が集まってきました。そのタイミングで世の中的にも「イクメン」という言葉も出てきはじめ、 パパが子育てをしていくということが当たり前な時代になり、そのパパ芸人のアイデアを色々なメディアや企業と協力しながら形にしていくことを社内でまとめようとしたことがきっかけです。


4.活動を通じて、地域にどういう影響を与えていると感じますか?
【事例】
■HONDA家族の冒険プロジェクト
毎年、パパ芸人と家族が各地域へ旅行に行き自然に触れ合うことで、かけがえのない体験を
 プロデュースするプロジェクト。
■HAPPY MAMA FEST@名古屋ドーム(3日間で約10万人動員)
子育てをしている全てのママとその家族のための全国史上最大級のフェスティバル
■パパんち@広島テレビ 田村亮、品川庄司 庄司出演
■RKC感謝祭「RKC子育て応援団ステージ」@高知テレビ 田村亮出演
■HAPPY MAMA 健康フォーラム @名古屋デザインホール 品川庄司 庄司出演
上記の通り、パパ芸人が地域でファミリー向けのイベントやテレビ出演などの活動をするに至って
 おります。その地域にいる一般のパパやママと子育て談義を交わせるようになりました。


5.活動を通じて、どのような目的を持っておられるのでしょうか?
弊社はエンターテイメントの会社です。エンターテイメントというものはハードルが高くて難しいことも分かりやすく、 また簡単にする力があると考えています。よしもとのパパ芸人が日々考えていることや面白くて思わず笑ってしまうようなアイデアで子育てをしている人たちが少しでも楽になったり、子育てを楽しんでもらうことが目的です。

インタビュー
写真のクリックで「特別部門」 受賞者 PaPaPARK!(吉本興株式会社)さんより頂いた授賞式当日のVTRがご覧頂けます。

※Flashを有効にして頂くとミニウインドウが開いて再生されます。