私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2017年度 第11回 ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西

一般部門
1.パーソナルプロフィール
【ご氏名】
 宇治原 志郎さん (うじはら しろう)
【お生まれ(ご年齢)】
 1946年10月17日(70歳)
【ご出身地】
 滋賀県
【ご職業】
 
【ご家族構成】
 妻、長女、長男
2.ご自身のご経歴
昭和21年滋賀県彦根市生れ。昭和45年関西学院大学を卒業し、松下電工(株)に入社(現パナソニックES社)。営業部門を担当し、代表取締役副社長で退任。

3.今回ご受賞された感想をお聞かせください。
【ご自身】
著名人でもないのに、この様な賞をいただくのに驚き。息子の名前でいただく事を知り、気恥ずかしくも有り、嬉しくも有り。

【ご家族】
受賞を素直に喜んでおります。


4.父親として意識してきた点
【お子さまへ】
人に迷惑を掛けず、他人を思いやれる子に育って欲しいと思っていました。

【奥様へ】
家庭の事は、なんせ任せる。本当は任して任さずが、あるべき姿でしょうが・・・。


5.理想とする父親像はどんなスタイルでしょうか?
家族が素直に相談出来る相手。価値観の違いを肯定できる度量のある親父。


6.今後どういった父親で在りたいと思いますか?
健康で元気、いつまでも家族の相談相手で在りたい。