私たちJLCAは、ベスト・プラウド・ファーザー賞、ベスト・プロデュース賞、日本生活文化フォーラムを通じて、豊かで健全な社会づくりに寄与することを目的に活動いたします。

トップイメージ

2017年度 第11回 ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西

政治部門
1.パーソナルプロフィール
【ご氏名】
 三日月 大造さん (みかづき たいぞう)
【お生まれ(ご年齢)】
 1971年5月24日(47歳)
【ご出身地】
 滋賀県
【ご職業】
 滋賀県知事
【ご家族構成】
 妻、長男、次男、長女
2.ご自身のご経歴
1971年生まれ。JR西日本に入社し、電車運転士や営業スタッフなどを経験。
衆議院議員を経て、2014年より第53代滋賀県知事に就任。


3.今回ご受賞された感想をお聞かせください。
【ご自身】
私が…?と驚きました。大変光栄なことです。
父親とは?と今も、いつも試行錯誤しながら煩悶苦闘中です。

【ご家族】
(奥様、お子さま)
「ふ~ん。」という反応でした。


4.父親として意識してきた点
【お子さまへ】
父親として振る舞いつつ、一人の人間として仕事したり、成長したり、生活し、老いていく姿を等身大で見せ、示していきたい。

【奥様へ】
できるだけ長く仲良く「同行二人」でまいりましょう!


5.理想とする父親像はどんなスタイルでしょうか?
大きく、深く、やさしくありたい。
家族との時間、子育てできる期間は実は短い。
妻と協力しながら、いざという時に頼りになる父親でありたい。


6.今後どういった父親で在りたいと思いますか?
有限無常の人生を、自然の中で周りの人々と生きていく姿を見せ、示していきたい。
2人の息子から「あんな父親になりたい」、そして、娘から「あんな人と結婚したい」と思ってもらえたら至上の喜び。